高齢者向け施設に入るために中野区のマンションを売却しました

人気のエリアの地価が高騰していることを知って

夫婦共働き、思い切ってマンションを購入 | 人気のエリアの地価が高騰していることを知って | 一戸建ての夢は諦めたけど

人口が増えることによって、大きな病院がたてられましたし、大型ショッピングセンターも誘致されたので、住環境には大変すぐれたエリアになりました。
妻とも良い時期に購入したと満足していましたが、子どもが大きくなって社会人として独立すると、ファミリータイプのマンションは夫婦二人では広すぎると感じるようになりました。
定期的にメンテナンスが行われているので、築年数がかなりたっていますが見た目は古臭くありませんし、設備もしっかりしているので、住みやすいのは昔と変わりません。
それに中野区は人気があるエリアなので、バブル崩壊してから日本の地価が下がっていると言われていますが、バブル期と変わらないくらい地価が高騰しているということも知っていました。
そのためもし売却したら、高値で買い取ってもらえるのではないかと興味を持ったので、試しに複数の不動産会社に相談して査定をしてもらうことにしました。
そうしたら想像していたよりも査定額が高かったので、妻と売却して他の家に引っ越そうかと話し合うようになりました。
以前から妻は一戸建てに住んでガーデニングをしたいという夢があったので、少し郊外の穏やかなエリアに引っ越そうかと本格的に検討するようになりました。
しかしそんな矢先に、妻が病で倒れてしまい、リハビリが必要な状態になってしまいました。

中野区内のマンション売却 | マンション売却・査定なら